緊急地震速報ガイド

This page:緊急地震速報ガイドTOP > 緊急地震速報の問題点・デメリット > 緊急地震速報の問題点:気象庁から一般人までの経由地の数

緊急地震速報の問題点:気象庁から一般人までの経由地の数

緊急地震速報にも問題点はあります。気象庁から一般人までの経由地の数について。

2017/11/21 04:44現在の最新地震情報

[震源地] 鹿児島湾 [最大震度] 震度1 (2017年11月21日 04時34分頃発生) - goo天気
[震源地] 福島県会津 [最大震度] 震度1 (2017年11月21日 01時20分頃発生) - goo天気
[震源地] 浦河沖 [最大震度] 震度2 (2017年11月20日 22時17分頃発生) - goo天気

気象業務支援センター経由という点。

緊急地震速報は、
気象庁からまう気象業務支援センターへ配信され、
その後気象業務支援センターから各事業者へ配信されます。


たとえば、携帯電話に緊急地震速報が配信されると仮定すると、
「気象庁→気象業務支援センター→民間の気象事業者→携帯電話会社→一般ユーザー」
という流れで、緊急地震速報が配信される、と考えられています。


つまり、一般人へ緊急地震速報が届くまで、
経由地が少し多いような気もします。



緊急地震速報は、秒単位の情報です。

この、気象庁から一般人へ緊急地震速報が配信されるまでの経由地の数から、
配信速度の遅延がおこるのでは?と考えられています。



実際に遅延が起こらないよう、
ネットワークのさらなる高速化が期待されています。

・・・地震や災害の被害のことを考えると
地震保険や災害保険に入っておくべきかもしれませんね。。。


地震保険や災害保険に加入しておかないと、
大地震がおきたとき「あのとき保険に入っておけば…」と
後悔することになりますから。。。