緊急地震速報ガイド

This page:緊急地震速報ガイドTOP > 緊急地震速報の問題点・デメリット > 緊急地震速報は「ないよりあったほうがいい」情報

緊急地震速報は「ないよりあったほうがいい」情報

サイト運営者の個人的な意見です。緊急地震速報は「ないよりあったほうがいい」情報だと考えています。

2017/11/21 04:44現在の最新地震情報

[震源地] 鹿児島湾 [最大震度] 震度1 (2017年11月21日 04時34分頃発生) - goo天気
[震源地] 福島県会津 [最大震度] 震度1 (2017年11月21日 01時20分頃発生) - goo天気
[震源地] 浦河沖 [最大震度] 震度2 (2017年11月20日 22時17分頃発生) - goo天気

緊急地震速報は「ないよりあったほうがいい」情報。

これは、サイト運営者である、僕の個人的な意見です。

緊急地震速報は、
「ないよりあったほうがいい」情報だと考えています。



「外れたらどこに責任がいく?」
「人々がパニックを起こす可能性が・・・」

そんなことを言う前に、
緊急地震速報の導入で今後助かるであろう人々のことをまずは考えていただきたいです。


天気予報が外れても、お天気お姉さんに責任がある!なんてことはいいませんよね?
緊急地震速報と天気予報と同じ土俵に乗せるのも語弊があるかもしれませんが、
僕としては、緊急地震速報の一般開放は賛成です。


信じない人は、信じなければいいだけです。

しかし、緊急地震速報がないと、
「数秒後に起こる大地震の備え」すらできません。




僕が初めて、緊急地震速報について聞いた時は、
正直、嬉しかった。

緊急地震速報は、
すべての人に100%必要な情報、ではありませんが、
「ないよりあったほうがいい」情報だからです。


もちろん、問題点もありますが・・・

緊急地震速報により、数秒後に起こる大地震にそなえて、
身の安全を守ることができたら・・・

本当に素晴らしい情報だと思います。

・・・地震や災害の被害のことを考えると
地震保険や災害保険に入っておくべきかもしれませんね。。。


地震保険や災害保険に加入しておかないと、
大地震がおきたとき「あのとき保険に入っておけば…」と
後悔することになりますから。。。