緊急地震速報ガイド

This page:緊急地震速報ガイドTOP > 緊急地震速報の問題点・デメリット > 緊急地震速報の問題点:地震までの時間は数秒・数十秒しかない

緊急地震速報の問題点:地震までの時間は数秒・数十秒しかない

緊急地震速報にも問題点はあります。地震までの時間は数秒・数十秒しかないことについて。

2017/11/21 04:44現在の最新地震情報

[震源地] 鹿児島湾 [最大震度] 震度1 (2017年11月21日 04時34分頃発生) - goo天気
[震源地] 福島県会津 [最大震度] 震度1 (2017年11月21日 01時20分頃発生) - goo天気
[震源地] 浦河沖 [最大震度] 震度2 (2017年11月20日 22時17分頃発生) - goo天気

緊急地震速報発表から強い揺れがくるまでの時間はごくわずか。

緊急地震速報が発表されたから、
その地点へ強い揺れが到達するまでの時間は、
数秒~数十秒というごくわずかな時間です。


緊急地震速報は、
「あと1時間後に地震がくる」とか、
「●月●日の●時●分ごろに地震がくる」
といった形の地震予知システムではありません。


強い揺れがくるであろう時刻の数秒~数十秒前に、
緊急地震速報が発表されます。


そのため、緊急地震速報が発表されてから、
「これからどうしよう?!」と考える時間はありません。


ですからいまのうちに、
「緊急地震速報が発表されたら、どう行動をするか」を考えておくべきです。


ぜひ、いまのうちに、きちんと考えておいてくださいね。


→緊急地震速報が流れたらどうするかを今のうちから考えておくべき(関連ページ)

・・・地震や災害の被害のことを考えると
地震保険や災害保険に入っておくべきかもしれませんね。。。


地震保険や災害保険に加入しておかないと、
大地震がおきたとき「あのとき保険に入っておけば…」と
後悔することになりますから。。。