緊急地震速報ガイド

This page:緊急地震速報ガイドTOP > 緊急地震速報を見聞きしたときの対応法 > 緊急地震速報を聞いたあとの最優先ルール

緊急地震速報を聞いたあとの最優先ルール

緊急地震速報を聞いたあとの最優先ルールについて。これは必読です。

2017/11/21 04:44現在の最新地震情報

[震源地] 鹿児島湾 [最大震度] 震度1 (2017年11月21日 04時34分頃発生) - goo天気
[震源地] 福島県会津 [最大震度] 震度1 (2017年11月21日 01時20分頃発生) - goo天気
[震源地] 浦河沖 [最大震度] 震度2 (2017年11月20日 22時17分頃発生) - goo天気

緊急地震速報が発表された!そのときの最優先ルール。

気象庁では、緊急地震速報が発表されたあとに、
まず、考えるべきルールを教えてくれています。


「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」

これが、最優先ルールであり、
緊急地震速報をきいたあとの基本対応です。



いいですか?
大切なポイントなのでもう1度。

「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」
これが、合言葉です。



緊急地震速報とは、強い揺れがくることの警告告知です。

速報が流れて、強い揺れがくるまでの時間は、
たった数秒~数十秒だけ。


そのわずかな時間に、なにかやろうと欲張ることはかえって危険です。

火を消すことだって大事ですが、
消しに行っている最中に大きな揺れがきたら、元も子もありません。

ですから、
まずは、あなた自身の身の安全を確保する。


これが、緊急地震速報が流れたあとの基本対応です。



緊急地震速報の合言葉は
「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」。

・・・地震や災害の被害のことを考えると
地震保険や災害保険に入っておくべきかもしれませんね。。。


地震保険や災害保険に加入しておかないと、
大地震がおきたとき「あのとき保険に入っておけば…」と
後悔することになりますから。。。